業をとして心

  •  
  • 268
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Sep 24, 2016 15:07
普段視力障害とは私が考えられない事だ。
暗みの中行き道がわかなくて、とう困難さ怖いさ自分を乗りなければ’なりません。
人間として何にをあっても、前に向けるという勇気が感動しました。
行動不便という辛いさが、子とも時から母もその一員のひとりで、家庭と外出するとお互い気持ちいろいろ考えて、結局どこも行けないという事もあった。
この福祉サービス業をしている方を心の交流であるという気持を持っていかないと
この長時間、労働力しかも時給すくないとうサービス業なかなか長く続ないでしょう。