振ると寒いと分からないです

  •  
  • 155
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Apr 29, 2010 00:21
土曜日と日曜日は普通のように、水着を着て住んでいるピールのブールで、リラックスしたいと思いたらシャクシの水温を試していないうちに足をいれて行くと、熱い熱い熱い重心を片方で倒れた、七〇度の湯に浸してしまう回りは握る物もないので、爬行でころころ床まで息を吸いなから冷たい水を髪の毛から足つめまでしっかり冷やさせる、体が振ると寒いとわかりませんでした、現場は一人もないので慌てふためくさま気持ちを持て係り人ところにいっていた。その方から救急車を呼んでいました待ち時間は部屋に戻して保険証と財布を用意していた、すぐに戻りことができないと思っているので部屋は帰国のようにすべて電気を消えておいた、専門学校の始業式はあっと二日しかないのに厳しく学校と聞いたですかこれからとうやて日本人と平起平坐が自分も自分に疑いてきた。病院まで運ぶされまし体温を測したり注射をしたり分からないうちに水泡が出でいた、全身で怖い気持ちは伴にもうろうとするいた。医者さんから判断は2級やけどでした。すぐに出院していくと感染の恐れがあるので出院事はできませんでした。やけとは水泡は一斉に出るものではなたったので寝ることさえできないのでとでもつらいかった。