no

  •  
  • 279
  • 0
  • 1
Apr 27, 2010 21:40
春先に雪が降るところで夜中の4時に傘を支えて学校まで試験当日のことです。手を円滑を動きため試験のような練習して、とでも冷たい空気が呼吸伴う吸い込まれた。静かな町は私のハイヒール声と雪がしんしんと降る、死ぬぼと頑張ようと思う空に住んでいる神様守てくれって、涙なからお願いしました。学校に着いたら手を全然動かないぐらい水洗で暖かくさせるまで10分もかかりました。試験は何回もやりましたが、このような取ると取れない差は大幅に離れる。もちろん日本へ帰国したと決めましたが取れなかったらもうその数年間はすべで無駄遣い。本当に失敗は許せないだっだ。
試験が終わったら卒業式までのみだっだので、その数日は空の色はいつが変わったがわからないぐらい寝いたり起きたりしていっだ。
やっと卒業式目の前に行っていった。それは私の海外生活の宣言終わりと言いました。結果発表は20日もかかりましたので、一度台湾へ帰りました。特にやりこともないのでお父さんからのプレゼントはアメリカ旅行です。日にちを計算して旅行にいっでいた結果を出るの日ちょっと帰国の日にアメリカの空港から弟に連絡をとった結果は全身の骨が崩れたぐらい嬉しいかった。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app