お願いします

  •  
  • 278
  • 2
  • 0
  • Japanese 
Feb 13, 2013 19:24
第1章の序論
節第1は動機と目的を研究します
1だ、動機を研究して
なぜ生死観を研究しなければいけないか? 東南アジア歴史背景儒教文化根深の蒂の固にある台湾の「生」に常々で「死」を提起する声は反対にとても少しだけ提げて、但し死亡は始終で地を排斥されて黙認していて、で独自の生命個体に少しが退位することを許してただ科学技術日進月歩な今日が少しの病因をあらかじめ計算する意業の卻を持って来て虫の息中線引きから人へ帰ることができないことを管理します。
死に神の無国境は、死亡は古来から来ることであることはあり人々が問題を避けることができないため、同時に同様にタブーのテーマです。 ただものは同時に同様に触のこの字句に触ることに及ぶことを避けて、宗教から生命相関的話題に移動して、反対に人にいつの間にか受け取っています。 だからオプショナル的に華人をもって方向大衆向きの耳として熟することが可能に話題映画<父以後七日>と(台湾)と<見送り者>(日本)文化差異中所が生死テーマに臨んで主の肘を研究することとすることを考えます。
傅偉勛が死亡する尊厳と生命の尊厳のp 292人は『死んだ存在に向かっています』です。 道々必ず出生、成年、壮年期、老齢を経ってあれの順次前進過程に予定する、夫々人生の光彩をこぼしている。
儒家文化伝統的観念は、しんしん中華民国人々の道徳の価値観に影響していて、生後への世界が霊魂不滅のために話すことと考えて、個々の宗教はみな個が当然に説法する「ヒンズー教と伝統は否端に心配りして生死の回の迴に究極を教え飽くまでも解脱して、ただ否いっそうさらに生死の回の迴を掘り起こす真諦を比較して、の闢のようにロジックは、傅偉勛は<死亡する尊厳と生命の尊厳>に言及する