2011年3月11日の午後2時46分ごろ、東北地方でマグニチュード(M)は9.0に達する大地震が発生して、日本はおろか世界にも大変影響...

  •  
  • 127
  • 0
  • 4
  • Japanese 
Aug 27, 2016 13:46
2011年3月11日の午後2時46分ごろ、東北地方でマグニチュード(M)は9.0に達する大地震が発生して、日本はおろか世界にも大変影響を与えた。地震後、巨大な津波を引き起こしており、死者だの行方不明者だの数千人に登ったばかりか、福島県の海岸に打ち破り福島第一原子力発電所の放射能汚染を引き起こした。このような悲惨な状況にもかかわらず、こういう風な残酷な実態を乗り越えるべく、日本人も世界中からのボランティアが越して街づくりを熱心に再建しつつ心身の怪我を癒しながら福島っ子を返還してみた。東北に衝突した地震や津波より、むしろ福島第一原子力発電所の件に関する厄介や複雑な状況が生まれてきて、対処に住んでいる人々の中にパニックや恐怖が拡大していった。マスメディアは主に地震と津波の問題に関しまして衆目を向け、核および有毒な放射線を無視しており、しかも政府は地域が安全であると言いつつ、大部安心しかねる人々がいなく、信じがたい曖昧な実態になっていた。企業や伝統工業ばかりか、地元に立ち入り禁止された人々も出身地が福島第一原子力発電所の近いところの家族も心底に穴が掘り、もはやあの3月11日の前のような日常生活に戻れないとみられている。確かに、復興作業は着実に進んではいるものの、被災者や災害に当たった庶民は様々な助けを必要としており、非常に重要な結果が必要だとなっている。福島第一原子力発電所事故はチェルノブイリ原子力発電所事故は同様比較されて最悪の深刻な事故にレベル7に分類され、世界で最大の原子力発電所事故の糸津である。
最も心配があるのは、子供向けの放射線の悪影響や子供の未来がどうなるのかと言う疑問は健康的な重要性があり、日本に無視されていた状態のことである原子力発電所事故が起こってからというもの、時に子供の甲状腺の癌の確立が高まり、健康体も精神も非常に損害を受けているそうである。様々なボランティア協会が子供の健康や精神向けのプロジェクトを開催して、新しく未来と世界の感覚を感じ直すための取り組みが盛んでいる。
この文章には「オルト・デイ・ソーニ」というイタリア発完全なるボランティアスタッフで構成される非営利協会の福島の子供たちの元気と夢を育むプロジェクトについて紹介掏る目的がある。2011年3月11日の東日本大震災後に、イタリア在住の日本人と日本に興味があるイタリア人によって設立されており、「イタリアで日本の被災地の子どもたちのためにできることは何か?」と言う疑問を踏まえて、福島の子どもたちの健康とグローバルな成長を応援する転地保養プログラムを実施している。豊かな食と自然環境に恵まれたイタリアでの保養プログラムの間、オルト・デイ・ソニーはは1ヶ月間、子どもたちを放射能被曝の不安から解放し、自然の中でのびのびと過ごす時間を提供しながら、よく笑い、よく食べ、よく遊ぶことで、免疫力の向上と健康の維持を促すことを目的としている。イタリアと日本の交流を向かって、国際成長や二つの国が持つ豊かな文化や精神に触れ合い、異なる価値観を感受し合う貴重な経験を通し、子どもたちが視野を広げ、好奇心をもって成長し、自立してゆくことを努力している協会である。
福島の、日本の、世界の未来そのものである子どもたちが、好奇心と前向きなエネルギーをみなぎらせ、自らの可能性と将来への夢を膨らませることが、「活きる力」に繋がる長所がある。2013年以来、日本在の公式パートナーとして被災地での活動を続けるNPO法人「ピース・プロジェクト」と提携しつつ、保養参加者の募集から選抜、オリエンテーションの開催、イタリア滞在後に続く参加者との交流企画など、プロジェクトの充実を図るための日本での活動に取り組んでいる。ボランティアスタッフが用意するのは、「自然との共生」、「健康的な食」、「異文化に触れ視野を広げる」をテーマとした豊富なアクティビティプログラムを通して、もっと大人になれるように応援している。
最終的な目的はこのプロジェクトはどんな心身的な影響があったのか、どのように結果が出したのか、そして子供がどのように感覚したか、どの処置でこの活動は効果的だったのかという目標である。