これから、この一学期の日本語講義にグループに分析させたり、様々なテーマについて話し合ったりしたや、我々が選んだ気に入り話題はディベート...

  •  
  • 294
  • 1
  • 1
  • Japanese 
Dec 23, 2014 01:54
これから、この一学期の日本語講義にグループに分析させたり、様々なテーマについて話し合ったりしたや、我々が選んだ気に入り話題はディベートをした。その上、他のグループのテーマを基づき、レポートを書きまして、こちら紹介させていただきたいと思う。
我々がグループは「食文化」についてのディベートをさせていただき、私はニコロ・ベッチェリカである。授業で紹介してくれたもっとも好まれたテーマは「日本の死刑制度」であって、これからこの話題をめぐってレポートを書かせていただきたいと思う。
ディベートは提・否の定義、提・否の反論、提・否のまとめという風に構成されていたものの、他のグループによって、「日本の死刑制度」のグループは反対の順番を決めて、まったく感激した。

では、これから否の定義を紹介させていかだだきたいと思う。
日本は死刑を法定刑のひとつとして属していて、その方法は絞首を通して規定されているということだ。そして、日本の死刑制度は国連や国際アムネスティや欧州諸国から非難されていると目指されている。
ただし、終身刑を復活させ、独房監禁に定住し、死刑囚人たちは通常の受刑者とはまったく違う存在である。

まず、日本の取り調べのやり方が問題だと考えられる。容疑者は23日間拘束され、水も食べ物も十分に与えられず毎日12時間も取り調べを受けるということだ。したがって、99%の人は罪を認めてしまうそうだ。例が挙げられますと、死刑囚は年々経ってから無実だったことがわかり釈放された。大勢の年間、毎日朝起きた時に「今日が死刑の日なのではないか」と怯えてきた結果、精神錯乱に向かってしまうだろう。
次に、国際アムネスティの話によると、死刑囚は毎日いつ死刑の日が来るかわからなくて、恐怖に怯えており、すでに精神的な苦痛を受けているそうだ。
そして、有罪人は制限された生活を送っているからこそ、運動できるのは週二回まで、本の数は固執で、人々とは月に一回しか会えない。こういうふうに、誰とも話すことはわけにはいかなくて孤独な生活をする。
最後に、仮に、死刑は容疑者の被害者に対して罪滅ぼしをして囚人が殺されてしまったら、自分自身が罪の重要性を理解する機会を失ってしまうだろう。重ねて、反省するやら、社会に復帰するやら、すなわち、もう一度新たなチャンスを手にするようになってこない。

本研究が利用できるように、この三つのポイントを挙げたらもっと簡単にこの人たちの意見を理解できるようになると思う。
 一つ目のポイントは、死刑制度に対して日本のいろいろな姿勢についてで、二つ目のポイントは、刑務所と執行の経費についてで、三つ目のポイントは、死刑に関する道徳的な問題についてである。
 
まず、日本の死刑制度は厳罰化の利点だと思えない。例が挙げられるとすると、死刑執行の前、死刑囚の家族にお知らせしたらよいと思う。執行の前、マスコミが公表することも禁止で、その上、公開議論を導くために、議会の停止期間の間によく行われているそうだ。こうした状況で、97年代前半、国内に死刑制度についての討論が生まれ、今現在も議論は偉くなっている。一方で「Japan Federation of Bar Association」という協会の姿勢もあって、弁護士会の団体である。弁護会にも死刑制度に対して相容れない意見があるにかかわらず、弁護士全員にも公開討論が必要で、死刑制度を改善しなければならないということだ。
次に、刑務所の経費については、いろいろな面がある。もちろん服役者の生活必需品の経費が必要だ。ただ、一方では、死刑の執行にもお金や死体の処分する経費もかかるだろうか。その他、経済面から見ると、死刑受刑の数はさほど多くなのだ。平均、一年間には死刑囚は7人なんだから、国家財政にはこの7人に死刑の宣告を下さずに、犯罪者を生きさせるのは問題ではない。
 最後に、犯罪者は被害者の大切な生活を奪ったことは大切にするのだ。いうまでもなく、何も被害者の家族の苦痛を安らぎのことには繋がらず、死刑は解決ではないということだ。

それから、提の定義を紹介させていただきたいと思う。
死刑制の維持する日本では存続に賛成する存置べきだと思われる。近代の始まり、日本においては制度廃止法案が拡大な潮流にならなかったというのは凶悪犯罪に対する市民感情、いわゆる体感治安の悪化も厳罰化の追い風となっている。
犯罪件数そのものは減少傾向であり、どうしてその減少傾向があるのでしょうかという疑問が挙げられる。なぜなら、死刑制度のおかげで、犯人たちや、殺人をしたい人々には、死刑制度を受ける恐怖があるからだ。凶悪犯罪に達する犯人たちに死刑を宣告することを通して、市民の生命を助ける可能性があるので、死刑をいなければ誰が次の犠牲者になる可能性があるということだ。
さらに、心理学者の意見において死刑の心理学的影響が重要だということだ。「日本人の日常には仕事の押さえつける力で不満だけど、死刑に値する人々は真剣な態度がなくて、もしまじめにすれば自分の将来にはきっと良いことが起こる可能性が同意だ。」ということだ。

この定義を強まるため、三つのポイントが挙げられる。
一つ目のポイントは間違った判決についてで、二つ目のポイント「豪華の拘置所(Breivikの件)についてで、三つ目のポイントは(2005の社会にSakakibaraの戻される)につしてである。

この厳しい取調べのおかげで,日本は世界でも安全な国の一つだと見られている。さらに,日本人の多くは警察官がこの人々をしっかり守ってくれていると考えている。袴田巌(はかまだいわお)さんの件に関しては残念だったと考えるが、こういった件は非常にめったに起こらない。
やはり、死刑の日がわからずに待つのは辛いことなので,死刑の日は早めに死刑囚に伝えられるべきではないか。というものの,制限された生活は刑の一部である。したがって,死刑囚が快適な環境に生活するのは決して正しいことではない。例えば、2011年にノルウェーのアンネシュ・ブレイビクの事件を考えてみよう。彼は80人殺し,100の負傷者を出し,21年刑務所で過ごすという判決を受けた。これはノルウェーでは,この刑が最大の形であるからである。彼の独房には、高いテレビ,DVDプレイヤー、そしてミニバーまであるので、この事実は,正しいのでしょうか。
そして、強調したいところは被害者の気持ちである。もし重犯罪者が社会に戻ったら,彼らはどのような思いをするでしょうか。再犯の可能性があって、犯罪者がもはや一度犯罪を犯す可能性は否定できないのである。酒鬼薔薇聖斗(さかきばらせいと)の件について考えてみよう。彼は,2人の子供を殺し,3人の負傷者を出したにかかわらず,大変残酷な殺し方をした。彼は2005年に社会に戻されたが,その時,日本では議論が巻き起こった。

これまで、「死刑執行度」に関するまとめをさせていただいた。だが、これから、私の意見について考察したいと思う。
「生きる権利」とは、すべての人が、人間であることによって当然に持っている権利である。国籍や信条、性別を問わず、子どもも、大人も、この世に存在する誰もが、生を受けたときから、この権利を持っているのだろう。言うなれば、この「生きる権利」は、人間にとって根源的な、最も大切な権利であり、決して奪ってはならないもので、世界人権宣言を通して国際人権条約である自由権規約においても保障されています。アムネスティ・インターナショナルが「死刑」に反対するのは、「死刑」という刑罰が、この「生きる権利」を要求するものであり、非人が傷つける刑罰であると考えるからである。言うまでもなく、犯罪を処罰することを否定しているわけではない。しかし、運命を奪うことは、国家の名の下であっても、正義にはならなくて、生命を奪う権利は、何人にも、どのような理由によってもありえないのではないか。
そもそも、刑罰というのは、罪に対してそれに見合った罰を加えることです。人間の「生きる権利」は、誰にも奪えないということである。
もっとも強調したいことは、「生きる権利」は、人間誰しもがもっている権利であり、社会秩序や治安などのためにこれを侵すことは、決してあってはならないことだと思う。死刑制度は、国会が国民の生命を奪うことの正当性問題を議論する必要があるが、その正当性の根拠である、検察に対する信頼が揺らいだ今、明確に反対できる。むしろ、国家にとって都合の悪い人間をえん罪で殺させる機会を与えてしまう危険性を持つ。国家とは法と権利を守る正義ということで幻想は消滅ことではないか。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app