1. 日本の政治における三権分立を、首相権力(行政)に注目しながら説明してください。

  •  
  • 207
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Jan 26, 2016 13:50
1. 日本の政治における三権分立を、首相権力(行政)に注目しながら説明してください。

三権分立とは日本の政治機構で、日本はイギリスから伝わった制度で、「議院内閣制」と呼ばれているシステムである。国会は立法権を持ち、内閣は行政権を持ち、裁判所は司法権を持っている。実は第四権力が存在しており、マスメディアや世論の権限である。確かに国民は選挙を介して、自分の政党を与党がほしいと伝えるので、政界がものすごく気にするのはメディアや新聞や国民調査のことである。一票でさえ足りないと、選挙が勝てないので、対象メディアを通して支持率を上げようとする。国会で達する票の過半数による選ばれた内閣の党首は総理大臣で、内閣総理大臣から任命された多くのメンバーが集まり、決められた方針に基づいて、構成されている各省や庁に指示を出し、日本の政治を進めている。内閣とともに、官僚が行政国会現象の専門技術家で、法律を行ったり予算案を作ったり人権保障の手続きをしたりし、内閣を手伝う。現在、総理大臣がこの三権分立の仕組みのトップにいるので、「政治・行政主導」という政治方針を持って政治と行政の両方を出して指導する権力があるのは大事なので、内閣総理大臣が日本政治において重要な役割がある。

2.日本の政治と、あなたの出身国の政治との違いを説明してください。
出身国はイタリアなので、イタリアの政治と日本の政治を比較することにした。まず政治機構についてイタリアは議会共和国だが、日本は議会君主制である。確かに、イタリアの共和国大統領は国家元首で、民主主義を基づいている国憲法を守りながら、議院内閣制を基礎にする国会と内閣は政治的な権限が認められている。更に、イタリアの共和国大総領はそれぞれの議会議員や総理大臣の選挙を示し、憲法を守るために政府・議会からの法律案の提出を確認することができる。イタリアの総理大臣は政府の元首として共和国大統領とともに各省・庁の大臣を指名し、行政権の指導する任命されている。または、イタリアの共和国大総領が憲法の象徴なので、法律に態度が違憲判決される場合には国会から解散されることもある。日本の場合には国家元首は天皇だが、日本国の象徴的な存在であり、日本の見かけとして代表的な役割を持っているにほかならない。それに、イタリアの共和国大総領と違うのは、天皇が解散されることができない。最後に投票に関しては、日本の若者の投票率が低くして、高齢者の投票率が高くて、「シルバー民主主義」という現象として知られているが、イタリアの若者が積極的に選挙に行き、投票率がだんだん高くなりつつある。というのは、若者向けの問題を解決しようとする政党が生まれ、最近イタリアの若者がずいぶん政治に興味が深まりつつあるわけである。


3.戦後日本外交は、何を目的として、それをどのような手段で達成しようとしましたか。そして、時代の変化とともに、そのような特徴は変化していますか。論じてください。
戦後日本外交の線路は「吉田ドクトリン」としてよく知られている。「吉田ドクトリン」は経済優先を中心に、非武装化を通して、敗戦した日本が日米安全保障条約を結んでおり、日米同盟を認めながら、一国平和主義を守ると狙っていた。したがって、1945年以降日米同盟関係を基本として、それによって安全を保障して防衛力は低く抑えるうえに、経済大国になれる日本は的な利益を追及できるのを求めるという方針だった。しかし、冷戦終結後、徐々に世界中のパワーバランスが変わってきたにつれて、日本の役割も変わってくる必要だとみられていた。アメリカとロシアのパワーバランスの覇権が壊れ、世界経済状態に新たな背景を創ったたくさんの国々が入り込んだ。だから、たとえば東南アジアにおける日本は経済的な利益をもたらすばかりか、平和を守る日本の新イメージも与えらながら、近隣諸国との協力関係を深められるため、「福田ドクトリン」により、東南アジアの国々とASEANという諸国連合を参加していた。その反面、核攻撃しかねない朝鮮やテロに関する中東の問題などに応じての日本の恐怖が大いに広がってきて、伝統的国家主義も強く投げかけていく。日本は戦略な地位に置いており、他国からの攻撃の恐れであろうが襲撃が発生する場合には自衛隊の効率の不足であろうがだと述べながら再軍備が必要となっているとはっきり宣言されている。または、最近中国が経済・軍事的な力を持ちつつあり、侵略した日本の経済がむさぼり食われてしまう恐れがあり、中国軍事から攻撃する恐れがあるので、日中関係少しずつ困難になる一方である。そのため、現代の日本外交の新ガイドラインが、日米同盟のみならず、経済的に成長しながら、他国とも協力し、平和を守ると狙っている。