ニック・カード百科事典 Part 6

  •  
  • 487
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Mar 11, 2010 17:18
キリル文字はロシア語や東ヨーロッパなどの言語に使われる文字です。33個の文字があります。ローマ字に似ているようが、発音はちょっと違います。例えば「P」という文字はローマ字として(ピー)と発音するが、キリル文字としては「アール」と発音します。ニック・カードには「ロシア語」と書いてあります。

ギリシア文字は現在ギリシア語を表記するために使っている文字です。24文字があります。「ニコラス」という名前はもともとギリシア語の名前なので、このニック・カードに自分の名前をギリシア語で書いてみました。

タイ文字はタイ語を表記するために使っている文字です。1283年にタイの王朝によって作られました。サンスクリット文字に基づきました。このニック・カードに「タイ語」と書いてあります。

アリバタ文字は昔に使われていたフィリピンの表記記号です。現在はローマ字を使われているのでアリバタ文字を読める人はほとんどいません。このニック・カードに書いてあるのは「アリバタ」です。

多くの漢字は画数が多いため、50年頃に中国と日本では多くの漢字を簡略させました。中国の簡略させた文字は「簡体字」といいます。日本で簡略させた文字は「新字体」と言います。台湾、香港と澳門では漢字を簡略させなかったのです。簡略させなかった文字は「繁体字」といいます。

ハングルは韓国語を表記するために使う文字です。15世紀に作られました。24の字母がありますが、2つから4つの字母を組み合わせて、一文字を成す。

韓国語には日本語の漢字言葉が多くあります。これらの単語は日本語の単語の発音と同じです。

簡体字は中国大陸で使われる漢字です。日本にも簡略された漢字がありますが、中国では違うように簡略された漢字もあります。

以下に書いてある漢字はニック・カードに載ってあります。

龙―龍(竜) 头-頭 马―馬 汉―漢 电―電

网-網 东―東 书―書 长―長

繁体字は台湾、香港と澳門で使われる漢字です。繁体字は簡略されていない漢字のことです。

以下に書いてある漢字はニック・カードに載ってあります。

縣―県 國―国 晝―昼 體―体 圖―図 臺―台   發―発 佛-仏 擔―担 錢―銭 蟲―虫

ニック・カードのもともとの称名はニック・ドルでした。10種類しかありませんでした。


フランは以前フランスで使われた通貨の単位です。2002年にフランの代わりにユーロが使われるようになりましょた。

リラは以前イタリアで使われた通貨の単位です。2002年にリラの代わりにユーロが使われるようになりました。

ユーロは欧州連合における経済通貨同盟で用いられている通貨です。ヨーロッパでは22の国で使用されている。

ペソはフィリピンで使われている通貨です。

円は英語で「イエン」と発音します。

元は中国の大陸で用いられている通貨の単位です。中国語で「ユエン」といいます。

これは初めて作られたニック・ドルです。

これはニック・カードのオーストラリアの旗版にちょっと似ています。


また別版のニック・ドル

これは初めての特別版のニック・ドル