微塵(みじん)

  •  
  • 119
  • 7
  • 7
  • Japanese 
Aug 29, 2019 07:27
一つの花びらの落下は、人生は短くて無常なのを伝えます。

広大な宇宙のように、

小さな 細かい砂とほこりのように、

すべてが独自の物語を語っています。

子供の頃の過去を思い出した...

ある日、私は一人で古い家で瞑想しました。

家の場所を忘れましたが、

古いれんが造りの家には窓がありませんでした。

唯一の手のひらサイズの屋根の天窓を通して、

白色光のビームが上方から下方に出射されます。

それは家をほこりでいっぱいにした、ほこりが浮かんでいました...

人生はほこりっぽいようだと言っているように....

御縁に従って浮かんだり、御縁に従って落ちたりしました。

(”人生は微塵のように時々御縁に従って浮かび、時には御縁に従って落ちます。”の意味です。)

このような小さなものでも独自の世界を持っています。

微塵の相互の流れには法則があるようです。

それらの間の暗黙の合意は、お互いの衝突と分離をとても自然なものにします。

この瞬間、全世界はそれらの間の調和に感動しました。

小さな手を振ったとき、

私はたくさんのほこりの粒子を運転しました...

それらを動かしたのは私の手ですか、

または、彼らは私の手を動かしましたか?
Dust

Fallings of petals tell the impermanence of life.
Big like the vast universe.
Tiny like sand and dust.
Everything tells a different story.
Remembering once when I was young,
I meditated alone in an old house.
I have forgotten where the house is,
The old brick house with no windows,
Dependent on the only palm-sized skylight,
A beam of white light-emitting down from above.
Filling the house with dust,
dust floating in the air…
As if to tell me that life is like dust.
Soaring up with fate, falling down with fate.
Even the small like this have their own world.
The mutual flow of dust seems to have their rules.
The tacit agreement between them makes their collision and separation from each other become so natural.
At this moment,
the whole world was touched by the harmony between them.
When I waved my little hand,
A lot of dust particles floated away...
Is it my hand that moved them?
Or did they move my hand?