アメリカの教育

  •  
  • 129
  • 7
  • 5
  • Japanese 
Nov 28, 2019 09:06
米国は、ヒューリスティック教育を非常に重視しています。つまり、教師は通常、生徒に答えを伝えず、答えを見つける方法を生徒に伝えるだけです。彼らは学習が無限であると信じているため、答えは常に更新されます。今日の正解は明日の正しい答えではないかもしれません。したがって、今日の答えを生徒に伝える代わりに、最新の答えを見つけさせます。もちろん、利点は、子供たちに答えを見つけて、独自の学習方法を開発することを訓練させることができます。欠点は、多くの場合、情報や資料なとを探して多くの時間を費やすことです。そして、子供として、私は見つけた答えが正しいことをどのようにして知ることができますか?

さらに、米国はチームワークを非常に重視しています。教科書が厚すぎるので、教師は書籍のすべての内容を教えることはできません。宿題の課題は非常に広範囲です。したがって、それだけでは自分一人で宿題を完了することは不可能です。生徒はグループ化され、一緒に話し合い、集合レポートを作成する必要があります。その過程で、作業を分割し、話し合いを通じて合意に達し、これらの合意を1つのレポートにまとめる方法について訓練しました。私たちは、チームの運営や組織の能力を向上させることができます。ただし、グループ内のすべての学生が一生懸命働いているわけではありません。誰もが同じスコアを取得することは非常に不公平です。

米国は相互作用を非常に重視しています。それは、生徒と生徒の間、または教師と生徒の間の交流(インタラクション)です。通常、授業の時間は議論に過ごします。学生はいつでも質問をすることができます。しかし、多くの場合、1つの問題だけを議論するのに多くの時間がかかります。残りの部分は話し合う時間がないため、家に帰って自分で本を読まなければなりません。アメリカの教科書は数百ページの厚さです。一度に数十ページを読む必要があるかもしれません。いつも家に帰って、自分で読んで、自分で読んで、自分で読んで...。過去から現在まで、誰も読み終えたことがありません。

最後に、米国は学校の試験を重視する国ではありません。学校は、試験で使用される質問について非常に機密です。試験前は、どこにも簡単に問題例を見つけることができません。試験後、試験用紙はレビューのために持ち出されません。学生として、試験のどこが間違った答えかは決してわかりません。私はこれについてよく考えます、標準的な答えがないこのような教育はどのようにして世界でこのような強力な国を作ることができますか?私は本当に理解していません。まさかちょうど標準的な答えは存在しないからです。 そのため、常に答えを探しているの習慣を開発しました。そして、常に答えを探すという精神は、このような素晴らしい国を作り上げましたか。
The United States attaches great importance to inspiring education. That is, teachers usually don't tell students the answers, and only how to find the answers. Since they think that learning is endless, answers will be constantly updated. The correct answer today may not be the correct answer tomorrow. So instead of telling students the answers today, teachers let them find the latest answers. The advantage, of course, is training the children to find answers and develop their own methods of learning. The disadvantage is that you often spend a lot of time looking for information. As a child, how can we know that the answer we found is correct?

In addition, the United States attaches great importance to teamwork. Since the textbooks are really thick, the teacher cannot teach all the contents of the book. The topic of the assignment is very wide. Therefore, it is impossible to complete the homework by oneself, alone. Students must get into a group, discuss together, and make a collective report. In the process, we were trained on how we can divide our work, reach consensus through discussion, and then gather these consensuses into one report. We can improve the ability of team operation and organization. However, not every student in a group is hard working. It is very unfair for everyone to get the same score.

The United States also attaches great importance to interaction. It is the interaction between students and students or between teachers and students. Classes are usually spent on discussing. Students can ask questions at any time. Though it often takes a lot of time to discuss just one subject. There is no time to discuss the remaining portion, so we have to go home and read the book by ourselves. American textbooks are a few hundred pages thick. You may have to read dozens of pages at a time. Always going home to read by ourselves, to read by ourselves, and read by ourselves...no one really finishes reading.

Finally, the United States is not a country that values school exams. The school is very confidential about the questions used in the exam. We can't easily find a test example question, no matter where we look for it. After the exam, the examination paper will not be used to let others review. As a student, you will never know what you answered wrong in the exam paper. I often think, how can education with no standard answer create such a powerful country in the world? It makes me very confused. Is it because there is no standard answer that a habit of looking for answers is developed? The spirit of always looking for an answer has created such a great country?