蒼恵とオーケストラ 二

  •  
  • 75
  • 3
  • 3
  • Japanese 
Apr 25, 2019 07:17
私はリハーサル室に入りました。 あの部屋はとても大きかったです。背の高い、低い椅子と譜面台がいっぱいの丸い部屋でした。それから私は身近な声が私の後ろから発声するのを聞いた。
「蒼恵ちゃん。」私は声に目を向け、部屋の向こう側に友達がいるのを見ました。 彼女は私が昨年出席したオーケストラから来ました。私達は私達が今年ここで会うことをお互いに約束しました。私は彼女のところへ歩いて行った、そして彼女は私を祝いました。
「おめでとう、カトリーナ! あなたはオーディションに合格した!」彼女は私を見たとき、彼女はとても楽しそうに見えました。それも私を幸せにしました。

最初のリハーサルでは、私は間違いを犯し続けました。それは、音楽がそれほど速くなることを期待しなかったか、または音楽がそれほど遅くなることを期待しなかったためです。私たちが音楽を終わらせることになっていたとき、私は誤って余分な音を弾きました。音楽が終わってから続くのは私だけだったので、それは非常に恥ずかしかったです。

一週間後、私は両親にリハーサルから家にいるようにと懇願していました。 私の母は拒否し、鼻を鳴らしました、「あなたが何かをすることにしたとき、あなたはそれをしてそれを終えなければなりません、蒼恵。 さらに、あなたは3つの欠席があると追い出されるこ。私たちはむしろリスクを冒さず、あなたが今日家にいるようにしたいのです。」

私は追い出さになるだろう知っていたが、私は気にしませんでした。オーケストラは本当に大変でした!しかし、私はまだ行かざるを得ませんでした。私はすでに一週間の間何度も何度も曲を練習してきました。しかし、いくら練習しても、音符 は正しく演奏されません。 私はまだ行きました、「家族全員は私が行きたかった場合、私は他に何ができるのでしょうか。」と私は言いました。

私は行って…、そして私が予想したように…、それは全くの悪夢でした。しかし、正直なところ、前週よりずっと良くなっています。オーケストラのリハーサルがひどかったにもかかわらず、私は本当に幸せでした。私は最初の週にしたほどたくさんミスをしなかったので、それは私にとって大きな改善でした。

一週間後、それは別のリハーサルの時間でした、そして私は自信を持って感じました。その日のリハーサルを終えて私は大喜びしました。 その理由は、まず、スムーズに動いたこと、次に、最初の1週間のようにトラブルに遭遇しなかったこと、そして最後に、過去3週間で私のバイオリンスキルがどれだけ向上したかを考えたからです。 突然、私は自分にとって良いことが起こっていることに気づきました。私の隣に座って、私は助けが必要なときに私の友人は静かに私を助けてくれました。そして、どうやって私はバイオリンのスキルを急激に向上させたのか。こういったことすべてが、努力が価値があると感じさせるものです。
Katrina and the Orchestra part 2

I entered the rehearsal room. The room was so huge! It was a circular room filled with chairs and music stands—tall and short. Then, I heard a familiar voice call out from behind me.

“Katrina!” I turned towards the voice and saw my friend on the other side of the room. She was from the orchestra I attended last year. We had promised each other that we would meet here this year. I walked over to her and she congratulated me, “Congratulations, Katrina! You passed the audition!” She seemed so happy when she saw me, it made me happy too.

On the first rehearsal, I kept on messing up. It was either because I didn’t expect the music to be that fast, or I didn’t expect the music to be that slow. I accidentally played extra notes when we were supposed to end the music. It was very embarrassing because it was only me who continued after the music ended.

One week later, I was literally begging my parents to let me stay home from rehearsal. My mom refused and snorted. “ When you decide to do something, you must do it and finish it, Katrina. Also, it’s like you have no idea that you’ll get kicked out if you get 3 absences. We want to save the absences for someday when we really need them.” I knew I would get kicked out, but I didn’t care. Orchestra was just so hard! However, I was still forced to go. I already spent the whole week practicing the pieces over and over again, but no matter how much I practiced, I just couldn’t seem to get the notes right. I still went, because "what else could I do if my whole family wanted me to go?” I told to myself. So, I went and...as I expected… it was a total nightmare!!! But honestly, way better than the week before. I was really happy despite the orchestra rehearsal went horrible. I didn’t mess up that much like I did the first week, so that was a huge improvement on my part.

One week later, it was time for another rehearsal, and I felt confident. I was delighted after rehearsal that day. That was because first, it went smoothly, second, I didn’t mess up as much as I did for the first week, and finally, because I just figured precisely how much I had improved on my violin skills in the past 3 weeks. Suddenly, I realized how good things were going on for me. How my friend was sitting next to me in the orchestra now, helping me every time I needed help. And how I improved so suddenly on my violin skills. All this makes me feel that the effort is worth it.
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app