最も記憶に残るものの一つ

  •  
  • 117
  • 8
  • 5
  • Japanese 
Apr 11, 2019 07:19
どんなに私がそれについて考えても、私が最も記憶に残る思い出を述べるたびに、それは京都への旅行です。今まで説明できないことがまだいくつかあります。しかし、それを説明する方法がないからこそ、それは話し合いや後味に値します。物語はこんなふうに起こった…

4年前、私の家族は学校年度中に家族旅行(台湾と日本への旅行)を手配することにしました。それまで日本に行ったことがないので、日本がどのようなものかを想像することはできません。私はまだある夜私が旅行にとても興奮していたことを覚えています、それで私は実際に独特の何かについて夢を見ました。私はそこに住んでいたような場所を夢見ていました。私はそれが単なるランダムな役に立たない夢だと思ったので、私は本当にそれについて気にしませんでした。しかし、数日後、父親が観光ルートを探していたとき、私は偶然私の父のコンピューターに光景を見ました。私の説明の後、私の父は興味をそそるようになりました。私たちは夢を記録してから実際にそれを確認することにしました。

その時私は私の夢の中のすべての詳細をできるだけ覚えようとしました。私は人々のグループに追われて芝生の上を走った。目の前には小さな池がありましたが、入りたくないので、振り向いて古い家を見ました。私は屋根に上り、窓枠から飛び降りて家の前の泥の上に降りました。それから私は目が覚めました。古い家のドアや窓は木と紙でできていてとてもきれいに見えました。これは短いクリップですが、4年経っても私はまだ夢の細部をすべて覚えているのは驚くべきことです。私たちはグーグルマップから家の正しい場所を見つけ、見に行くためにそこに行く準備ができていました。

私たちが京都に着いたとき、私たちは見に行くためにそこに行くことにしました、しかしそれは郊外にあったので、バスでそこに着くことは不可能でした。山での昼食後、私たちはハイキングを始めました。4時間後、太陽が沈もうとしていて、空が暗くなり、ついにその家が見つかりました。驚くべき のは、私たちが家の隣に小さなプールを見つけたこと、そして私の夢の中で見たことのある色々な光景です。その瞬間私の心はドキドキしていました。 興奮しているのか怖いのかわからない。

あいにく、空が暗くなっていました。だから私たちは歩き続けなければなりません。非常に疲れて一日を歩きながら、夢の光景のために行くのは本当に特別だと思いました。そのようなことをすることはばかげていると思う人もいるかもしれませんが、それは私を忘れられないものにします。
Favorite Memory

No matter how I think about it, every time I mention the most memorable memories, it is my trip to Kyoto. There are some things that still have no way to explain. However, it is precisely because there is no way to explain it, so it became a more worthy discussion topic and aftertaste. This is what happened...

Four years ago, my family decided to arrange a family trip during the school year- a trip to Taiwan and Japan. I have never been to Japan before, and I couldn’t imagine what Japan was like. I still remember the night I was so excited about the trip, that I actually dreamed of something unique. I dreamed of a place as if I lived there. I never really gave it any second thought since I thought it was just a random useless dream. But a couple of days later, I happened to see a scene in my father's computer when he was looking for a tourist route. After my description, my father became curious.

We decided to record the dream and then actually verify it. At the time I tried to remember as much as possible of all the details in my dreams. I was chased by a group of people and ran on the grass. There was a body of water in front of me, which I didn’t want to jump into, so I turned around and saw a house. I climbed onto the roof, jumped off the window sill and landed on the dirt floor in front of the house. Then I woke up. The doors and windows of the old house were made of wood and paper and looked very pretty. Although it was a short dream, I still remember every single detail after 4 years, surprisingly. We found the correct location of the house from the Google map and was ready to go there to have a look.

When we arrived in Kyoto, we decided to go there to check it out, but because it was in the suburbs, it was impossible to get there by bus. After lunch in the mountains, we started hiking. After 4 hours, the sun starting to set, and the sky getting darker, we finally found the house. What was shocking was that we really found a small pond next to the house, and the sights I have seen in my dreams. At that moment my heart was pounding. I didn’t know if I am excited or afraid.

Unfortunately, the sky was already dark. So we had to continue on our way. Although we were very tired after a long day, I thought it was special to go for the look of the dream. Some people may think that doing such a thing is stupid, but it makes this really unforgettable.