父の日2019

  •  
  • 113
  • 7
  • 7
  • Japanese 
Jun 20, 2019 06:25
今年のサマースクールで、私は音楽鑑賞というコースを選びました。最初の課題は、音楽の断片で使われている楽器を分析することでした。私が選んだのは現代音楽の断片でした。私はたくさんの楽器を学んでいないので、私にとっては少し難しかったです。多くの音はそれがどんな種類の楽器であるかを区別することができないので、非常に悩んでいました。お父さんはそれを知っていた、私を助けてくれました。しかし、その音楽を聞いた後、彼はそれらの音を作り出す実際の楽器はないと私に話しました。つまり、すべての音楽はデジタルデータで制作されていました。私は本当にそれを信じることができず、それが何であるのかわかりませんでした。私に理解させるために、彼は私を彼の研究室に連れて行きました。私が一度も気づかれたことがない隅から、彼はもともと本でいっぱい覆われていた一枚の布を裏返して開けました。そして布を開くことはまた何年もの間彼の秘密を見抜きました。

なるほど父の元子供の頃の夢はミュージシャンになりたいと思ったことがわかりました。彼は若い頃MIDIとデジタル音楽を演奏したので、多くのプロ用の機器をセットアップしました。キーボードを使ってコンピュータで記譜データを入力し、シンセサイザーを使ってさまざまなサウンドを作成し、サウンドエフェクトを追加してから、音量、位置、距離などを調整し、最後に完全な音楽を作り、 CDに録音します。プロセス全体を通して楽器はまったく使用されていません。これはMIDIデジタル音楽(ミュージック)です。

私はいつも父が芸術を愛していることだけを知っていました。小さいから大きいまで、私の印象では、自宅の倉庫、テーブルの下、ベッドの下にさえも、父が描いた油絵はいたるところにあります。彼は結婚してから建築士事務所で働いていたので、絵をあきらめました。先週まで、彼があきらめたのはただ絵を描くではなかったことを私はまだ知らなかったです。父は音楽にとても熱心であることは全くわかりません。彼は何十もの曲を完成させました、 しかし残念ながら出版されませんでした。長年にわたり、働くために、そして私たちの家族の生活のために、彼は実際に自分自身についての すべてを放棄することができます。かわいそうな父親には全く自分の人生がありません。

おとといはアメリカの父の日でした(6月の第3日曜日)。私は姉と一緒に支払って、父親に心のこもった食事を扱うことにしました。私たちは、韓国のバーベキューを食べることを選んだ、それは夕食のビュッフェようなものでした。食べた後、お父さんはそれが彼が今まで食べた中で最も満足のいく食事であると私達に言いました。それはいっばい食べていたからではなく、それが娘の心だったからです。でも、父はすぐに私たちに、彼がもっと幸せになるように、食事のためのお金が私たちのために節約されることを望んでいると言いました。これはいわゆる父親だと思いますね。
Father's Day 2019

For summer school this year, I chose a course called Music Appreciation. The first assignment is to analyze the instrument used in a piece of music. The one I chose was a fragment of modern music. Since I haven’t learned a lot of instruments, it was a bit difficult for me. Not being able to tell many what kind of instruments I was hearing, I was very distressed. My father came to help me after he found out. But after listening to that piece of music, he told me that there were no actual musical instruments that produced those sounds, basically saying that the entire music was produced by digital data. I really could not believe it and didn't understand what that was. In order to help me understand, he took me to his office. From a corner I never noticed, he flipped open a piece of cloth that was originally covered by books. And lifting the cloth also set off his secrets from many years.

It turns out that when Dad was a child, he wanted to be a musician. He learned how to use MIDI and digital music when he was young, so he set up many professional types of equipment. Use a keyboard to input notation data with the computer, use a synthesizer to create varieties of sounds, add some sound effects, then adjust the volume, position, and distance...and so on, and finally make a piece of complete music, record it into a CD. No musical instruments were used at all in the entire process. This is what MIDI digital music is.

I have only known that my father loves art. Ever since I was a child, my house has always had paintings in the storage room at home, under the desks, even under my bed. Since he worked in an architect office after he got married, he gave up painting. I didn’t know until last week that it wasn’t just painting that he gave up. I totally didn't see that my father is so passionate about music. He even completed dozens of songs, but unfortunately never published them. Over the years, in order to work, and for the life of our family, he actually abandoned everything he liked. Poor father, not being allowed to live the life he wants.

It was Father's Day in the United States 2 days ago(3rd Sunday of June). My sister an I decided to treat my father with a big meal. We chose to eat Korean barbecue, it was like a dinner buffet. After eating, Dad told us that it was the most satisfying meal he had ever eaten. Not because there was a lot to eat, but because it was a gift from the bottom of our hearts. However, Dad immediately told us that he would rather spend the same amount of money on us than for it to be spent on a meal. Is this what the so-called father love is?