誤解(下)

  •  
  • 120
  • 5
  • 4
  • Japanese 
Oct 24, 2019 07:16
もう一つの状況は、自分がとても寛大だと思うことです。彼は間違いを犯す他の人を許すことができます。このタイプの人々は常に、「わかりました、説明は必要ありません、私はあなたを責めません」と言います。相手が説明を続けたい場合は、「もうあなたを許しました。なぜ続けたいのですか。」と言います。聞きたくないほど、相手はもっと説明したくなるでしょう。実際には、彼は我々は彼が作ったと思ったミスを犯していないので、彼はおそらくすべてで許されている必要はありませんでした。寛容と言って、実際には彼に対する侮辱です。それは彼に寛容ではないより悲しいです。これらの状況が確認するために不本意に起因しています。不当な扱いを受けてきたような、本当に無実です。

最後に、面子を考えるの理由があり、事実を受け入れたくないことです。または、間違いを修正すると重大な損失などが発生する可能性があることを考慮しているので、だから、わざとそれは間違って行くことを継続させます。そのような例はたくさんあります。誰もが異なる立場にあるため、見解は異なっていなければなりません。人と人の間に誤解があるのは正常なことです。だから我々は、座って話すべきです。辛抱強く、お互いの考えを聞き終えることを学びます。相手の立場に立って彼の論理を理解します。あなたはどんな誤解を見つけた場合、すぐに明確化にします。これは、より多くの誤解を避けることができます。また、私たちが念頭に置いている認識が真実により近いことを保証します。
There is another situation where one thinks they are very generous. They can forgive others who make mistakes. This type of people always says, "Okay, no explanation necessary, I won't blame you." If the other party wants to continue to explain, they will say, "I have forgiven you. Why do you want to continue?" The more they don't want to hear it, the more eager the wrongdoer will be to explain. Because in fact, the wrongdoer did not commit the mistakes we thought he had made, he probably did not even need to be forgiven at all. Saying forgiving is actually an insult to him. It hurts him more than not forgiving him. These conditions are caused by the unwillingness to verify. Such has been wronged, really is innocent.

Finally, there is the reason for the face, one does not want to accept the facts. Or consider that correcting mistakes can cause serious losses, etc., so deliberately lets it continue to be wrong. There are many examples of such. Because everyone’s position is different, there must be different points of view, and complete understanding is almost impossible. It is normal to have a misunderstanding with each other, so you should sit down and talk. Learn to patiently finish listening to each other's thoughts. Try to stand in the other's position to understand her logic. Clarify immediately if you find any misunderstanding. This is the way to avoid more misunderstandings. It also ensures that the perceptions we have in mind are closer to the truth.