お父さんの目薬

  •  
  • 119
  • 7
  • 6
  • Japanese 
Nov 21, 2019 08:15
子供の頃から父が涙を流しているのを見たことはありませんが、昨日泣きました。それは本当に初めてでした。お父さんはそれが目薬だと言ったが、私はそれが男の尊厳のためだけだったと知っていました。おそらく密かに私の日記を読んで、祖父が私の名前を忘れたことを書きました。夕食中、父は私に、実際には2年前に始まったと言った、祖父は多くのことを忘れ始めました。彼は既に自分の考えを表現することさえできませんでした。

祖父母は、私たちと一緒に暮らすしたくありません。彼らは自分の面倒を見ることができると考えているので、子供たちを悩ませたくありません。彼らはこのようにお互いの世話をしてきており、それは20年以上になります。実際には、我々は、面倒感じることはありません。特に今は祖父の状況を知っているので、彼ともっと時間を過ごしたいです。彼は完全に忘れる前に、我々はもっと多くの物語を共有することができれば、我々は将来的にそれ以上のメモリを持つことになるかどうかを楽しみにしています。しかし、私たちはあまりにも遠くに住んでいるので(私たちは遠すぎて住んでいるので)、そうするのは本当に難しいです。お父さんは祖父の記憶を呼び戻さなければならないと言いました。したがって、少なくとも彼が今できる最初のことは、毎日電話で祖父とお喋りすることです。

私の祖父の状況は特別です。彼は小学校で日本語を使いました。使用した言語は、中学校の後に台湾語と中国語に変わりました。40代にいたとき、彼は米国に移住し、英語を話すようになりました。理解できないのは、祖父が今では英語と中国語で表現できないことです。彼の心に残っているのは、最初に使用された言語である日本語です。おじいさんとおしゃべりできるように、お父さんは今、私と一緒に日本語を勉強しようと頑張っています。父さんは、私の祖父がこのようになれば、彼(父)自身も将来このようになると言いました。彼は祖父が思い出を見つけるのを助ける方法を見つけなければならず、自分がそのようになるのを防ぐ方法も見つけなければなりません。

私はかつて、父と一緒に富士山に登るという夢を叶えると約束したと言いました。富士山に登ることは、実は祖父が子供の頃の夢でした。最近、祖父はよく言及しました。お父さんは、実際には彼が父親のためにすべきことだと言いました。私の祖父、人生のすべては、常に過去の日本式の生活に戻ることを考えています。(過去の日本式の生活に戻ることを考え祖父彼の人生のすべて。)しかし、彼は老いています。昨年、パパはそれを個人的に設計し、木工師に祖父の家の一つの和室を完成させるように頼みました。また、特に日本から畳を買いました。今、祖父は毎日和室で日本の歌を聴いています。その和室でのみ、戦争前の子供時代を思い出すと、彼は平和で幸せな気分になります。結局のところ、私の祖父は米国にしか住んでいませんでした。私たちはもうそれについて何もできません。この時点で話をして、目薬が再びお父さんの目から落ちました…。
Dad's eye drops

I have never seen my father shed a tear since I was a child, but he cried yesterday. That was the first time. Although Dad said it was an eyedrop, I know it was just because of a man's dignity, nothing more... It should be because he was reading my diary, when I said my grandfather forgot my name. During dinner, my father told me that starting two years ago, my grandfather began to forget a lot of things. He even could not express his thoughts.

Grandparents are not willing to live with us. They think they can take care of themselves, so they don’t want to bother their children. They have taken care of each other like this, and it has been over 20 years. We do not feel troublesome. Especially now that I know my grandfather’s situation, we want to spend more time with him. Before he completely forgets us, I want to see if we can share more stories, so that we will have more memories in the future. But because we live too far, it is really hard for us to do so. Dad said that he must call back grandfather’s memory. Therefore, at least the first thing he can do now is to chat with my grandfather on the phone every day.

My grandfather's situation is special. He used to use Japanese at elementary school. The language he used changed to Taiwanese and Chinese after middle school. When he was in his forties, he immigrated to the United States and began to speak English. What is incomprehensible is that my grandfather can't express himself in English and Chinese now. What remains in his mind is his first used language, which is Japanese. To be able to chat with my grandfather, my dad is now trying hard to learn Japanese with me. Dad said that if my grandfather had become like this, he would also be like this in the future. He must make sure to find ways to help my grandfather to find memories back and also find ways to prevent himself from becoming like that.

I once said that I promised to complete the dream of climbing Mount Fuji with my father. It turns out that climbing Mount Fuji is the dream of my grandfather when he was a child. Recently my grandfather often mentioned. Dad said that it was actually what he should do for his father. Grandfather has been thinking all his life about going back to the past Japanese lifestyle. But he is too old. Last year, Dad personally designed and hired someone to build a Japanese-style room in grandfather’s house. He also bought tatami mats from Japan in particular. Now my grandfather is listening to Japanese songs in that room every day. Only in that room, remembering childhood before the war will make him feel peaceful and happy. After all, he can only live in the United States. We can't do anything about it anymore. Talking to this point, the eye drops shed out from dad's eyes again...