猿と蟹(さるとかに)

  •  
  • 101
  • 5
  • 4
  • Japanese 
Jan 24, 2019 08:00
最近、日本の学校の先生が私たちにサルとカニについての物語を見せてくれました。物語の中で、狡猾な猿は自分のスマートさを使って、カニを騙しました。猿はカニのおにぎりを柿の種と取り替えました。彼は、おにぎりが食べるとなくなるだろうとカニに言いました。けれども、柿の種を植えることに成功すれば、将来柿は毎年食べることができます。カニは毎日水をやり、それを大事にしていました。柿の木は成長し、柿は木でいっぱいに成長しました。この時、サルはそれを利用するようになりました。木に登り、美味しいのを彼自身の所持のために占めました。硬い青柿はカニに投げられ、蟹は大怪我をしました。幸いなことに、何人かの友人が彼を助けて猿を罰しました。この物語を読んだ後で、私は物語についても私の考え(体験)を持ちます。

まず私は父がよく言った言葉を思い出しました。彼は何かをすることがする前に最初に、結果が制御されるかどうかについて考えなければならないと言いました。結果が制御できるものであれば、それを実行します。これは安全でしょう。それはあなたが制御できるものではない場合、後で問題に遭遇したとぎ、あなたは間違いなくあなた自身またはあなたの周りの誰かを傷つけます。福島事件の後、父さんはよくこの事件を例として使いました。原子力は、人間が完全に制御することができるような種類のエネルギーではないためです。事故の後、人間はそれによって引き起こされた災害に耐えるために生命を使うことしかできません。他に何もする方法は絶対にありません。これは人間が制御できないのをすることの結果の最も悲劇的な例です。

次に、友達を慎重に選ぶべきだと思いました。あなたが悪い友達を作ると、彼はあなたを利用するだけでなくあなたを傷つけるでしょう。そして彼はあなたの弱点を知っていますので、彼が本当にあなたに危害を加えたいのであれば、それは間違いなくあなたを最も傷つけます。例えば、猿はカニが柿を取ることができないのを明確に知っていますが、柿の種を植えるように彼に頼みました。

最後に、あなたは悪い友達を作ることを避けなければなりませんが、完全に友達がいなくてはいけません。世界には友人のグループによって完成される必要があるものがたくさんあります。(世界には、完了するために友人のグループが必要なものがたくさんあります。)。桃太郎と同じように、彼は友達の助けがなければ決して鬼を倒すことはできないでしょう。良い友達はお互いを気にするだけでなく、何かが起こった時にお互いを助け合います。友達が団結するとき、彼らは一緒に強力な敵や困難に直面することができます。だから私たちは少数の友達しか持つことができません。

米国では、学校教育はチームワークを非常に重視しています。宿題に関係なく、学生はできるだけチームモードでそれを完成するように頼まれます。真面目な生徒には不公平だったので、私はチームワークを非常に嫌いしました。しかし、この物語を読んだ後、私は何かを学びました。私たちは、チームを組織し運営する方法を学ぶだけでなく、チーム内の他の人々の力を使って真面目ではない生徒を真面目にする方法を学ぶ必要があります。これはチームワークの成功の秘訣です。そしてこれは現実です、私たちが学ぶべきことです。それがチームの強さでなければ、まったくできないことがたくさんあります。
Monkey and crab

Recently, my Japanese school teacher showed us a story about a monkey and a crab. In the story, a cunning monkey used his cleverness to deceive a crab. The monkey exchanges a rice ball from the crab with the seeds of a persimmon. He told the crab that if the rice ball was eaten, then, it would be gone. If you succeed in planting a persimmon seed, you will have persimmons every year in the future. The crabs watered it every day and took care of it. The persimmon tree grew up, and the persimmon grew into a huge tree. At this time, the monkey came to take advantage of the crab. He climbed up to the tree and picked out all the delicious persimmons for himself. The hard or unripened persimmons were thrown to the crab, and the crab was seriously injured. Fortunately, some friends helped him out and punished the monkey. After reading this story, I also have my reflection on the story.

First, l thought of what my dad often said. He said that prior to doing anything, you must first think about whether the result will be mastered. If the result of the matter is something that can be mastered, then we can go ahead and do it. It will be safer this way because if it’s not something that you can master when you encounter problems later on, you will definitely hurt yourself or someone around you. After the Fukushima incident, my father often used this incident as an example, saying that because nuclear power is not the kind of energy that humans are capable of taking full control over. After the accident, human beings can only use lives to bear the disaster caused by it. There is absolutely no other way to do anything. This is the most tragic example of the consequences of doing something that you can't control. Secondly, I thought that we should choose our friends carefully. If you make a bad friend, he/she will not only use you but will also harm you. And because he/she knows all about your weaknesses, when he really wants to harm you, it will definitely hurt you the most. For example, the monkey clearly knows that the crab can't pick the persimmon, but asks him to plant the tree. Finally, although you must avoid making bad friends, don’t be alone without any friend. There are many things in the world that need to be completed by a group of friends. Just like Momotaro, he will never be able to defeat the devil without the help from his friends. Good friends will not only care about each other but also help each other when something happens. When friends unite, they can face powerful enemies and difficulties together. So we can't only have a few friends.

In the United States, school education places great emphasis on teamwork. Regardless of the assignment, students are asked to complete it in teams as much as possible. I was very annoyed because it was unfair to the serious students who always worked hard. But after reading this story, I learned something. We must not only learn how to organize but also learn how to use the power of other people in the team to make less serious students become serious. This is a secret to the success of teamwork. And this is the reality, it is what we should learn. Because without the strength of a team, there are many things that can't be done at all.
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app