朝日

  •  
  • 146
  • 5
  • 7
  • Japanese 
May 16, 2019 06:56
天気は暑かったり寒かったりします ので、学校のために何を着たらいいのか分からなくなります。地面が濡れているのを見ることによって、私はそれが昨夜再び雨が降ったかもしれないことを知っています。朝日が現れ、地面が輝いています。お日様が真珠を地面に振りかけているようなものです。 それはとても美しいです。でも、私はそれが今日別の晴れた日になると思います。

毎日同じ道を通って行きます。外出するとすぐに、私は一人のお爺さんが近くの小学校に彼の孫娘を連れて行くのを見るでしょう。体操をするために近くの公園に行きたい老夫婦もいます。信号の後、私は若くて美しい女性が彼女の犬と一緒にジョギングしているのを見るでしょう。それから車は左に曲がり、若い男の子が自転車に乗っているなど。アメリカの生活には運転は欠かせません。あなたはあまり歩く必要はありませんが、いつもあらゆる場所を通り抜けて、みんなを知る機会を逃します。そして、挨拶する機会を持っていることはありません。しかし、これらの人々と話をしたことがないし、私も彼らを知りさえしませんが、ここ数年で彼らは見知らぬ人ではなくなりました。周りの良い友達と同じように、一人の人が行方不明になったら、私はその日が不完全になると感じるでしょう。

車は長い列の木の塀を通り過ぎ、ついに駐車場に止まりました。重いバックパックを持って、バイオリンを持ち上げ、車から降りると、お日様が私より早く到着したことがわかりました。彼はすでにみんなとのあいさつを終えました。私はお日様がいつもとても人気があることを本当に感心しています。その間、私は静かにいつものようにキャンパスに入ったが、やはり、誰も私の到着を知りませんでした。
Morning sun

The weather is hot one day and suddenly cold the next day, causing people to not know what to wear for school. By seeing that the ground is wet, I know that it might have rained again last night. The morning sun appears and the ground shines. It’s like the grandfather sun is sprinkling pearls onto the earth. It’s so beautiful. But I think it will be another sunny day today.

I go through the same path every day. Immediately when I go out, I see a grandfather taking his granddaughter to a nearby elementary school. There is also an old couple who want to go to the nearby park to do yoga. After the traffic lights, I see a young and beautiful lady jogging with her dog. Then, the car turns left and there is a young man riding a bicycle, etc. Driving is indispensable in American life. You don’t need to walk a lot, but you always pass by everything really quickly and miss everyone. And you never have the opportunity to say hello. Although I have never talked to these people, and I don't even know them, in the last few years they are no longer strangers. Just like my good friends around me, if one person goes missing, that day will feel imperfect.

The car passes a long row of wooden fences and finally stops in the parking lot. Carrying a heavy backpack, holding my violin, getting out of the car, I find that the grandfather sun has arrived earlier than me. He has already finished greeting everyone. I really admire that he is always so popular. Meanwhile, I quietly entered the campus as usual, and again, no one notices that I have entered.