今までありがとう。これからもよろしく。

  •  
  • 94
  • 0
  • 2
  • Japanese 
Apr 16, 2019 00:15
また朝早いから急に熱が出ちゃった。15日前と同じ症状で、原因なんて全然わからない。前回はだいたい三日ぐらいで自分で治ったけれど、今回も同じでしょう。と言っても、やっぱり気になる。で、両親に電話をかけて話して、彼らの声を聞いて、なぜか涙が出てしまった。なんの涙でしょう。きっとふるえてる声にばれられたと思うんだ。家に帰ればきっとまたお父さんに笑われるのでしょう。「まだガキだよな、君」って。でも、涙もいいんじゃない。泣けるだけ泣いたらまた笑える。「僕らはそんな弱くはない、でも強くもないから。泣いてもいいんだ」とニノがこう言ったよ。泣くっていうのは明日への合図だから。
いつでも親の前で泣けるんだな。でも、子供のように泣くのはいつまで続くのか。だんだん成長していく私はずっと子供のままでいいっと願ってる。でもそんなことがないとはわかる。
「僕たちと死神の間に親という壁があるんだ。例えば、30歳の時でも結婚してない、そして60歳になっても結婚するつもりもないかもしれない。それは死神から守っている壁があるだから。僕たちは直接死神を見えないんだから。でも、親が亡くなったとたん、死神の姿が目に映って、人生の終わりをはっきり見えるんだ。」と、高亜麟さんはこう言った。その時私も必ず泣くでしょう。泣いてる同時に強くなる。いつか私も子供を守っていく壁になる。
生活はこのように繰り返してる。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app