スターゲイジー・パイの原点の昔話

  •  
  • 314
  • 0
  • 1
  • Spanish 
Feb 7, 2017 03:37
スターゲイジー・パイは、ピルチャード(大型のサーデイン)を卵やジャガイモとともにパイ生地に包んで焼いたコーンウォールの名物料理です。スターゲイジー・パイと名づけられている理由は、パイ生地から魚の頭部と尾部が突き出しているためであります。頭部を突き出して星空を見上げているみたいです。

コーンウォールで、マウスホールという小さな村に札発明しました。ある冬、何年も前に、大嵐が来ました。雨がズウズウ降っていて、雷がゴロゴロ鳴っていました。誰も魚を獲りに出られなかったので 、全村人は飢え始めました。それで、2月23日に、トム・バーコックという漁師は、一人で、魚を獲りに出かけて、たくさん魚で戻ってきました。村人は飢えから救われました。全部の魚が巨大なパイに焼かれて、何も無駄になっていませんでした。

それ以来、毎年、その英雄を祝うお祭りが開催される。トム・バーコックの尽力を称えて、マウスホールの人々が夕方よりランタンを照らして、スターゲイジー・パイを作って、星の下で食べます。