「謙虚」とは、日本における適切な行動の最も重要な側面の一つである (Davis J R, and Osamu, I.

  •  
  • 74
  • 0
  • 2
  • Japanese 
Dec 18, 2018 16:02
「謙虚」とは、日本における適切な行動の最も重要な側面の一つである (Davis J R, and Osamu, I. 2002)。しかし、どのように「謙虚」を解釈するべきかという問題が生じる。「謙虚」とは、本当の気持ちを反映していないコミュニケーション戦略か、または、日本人の考え方や感じ方に直接つながっているか?「日米の大学生のコミュニケーション・スタイル」という教科書の読み物は、まさにこの質問について議論する。様々な能力や特性について日本人とアメリカ人の学生の自信を測る調査に対する解釈的な議論を提供する。この調査の結果によると、アメリカの学生は、日本の学生よりもはるかに大きな自信を示しています。この結果は、西洋人とアジア人の自信を比較した豊富な類似研究の大部分にも見られた (e.g., Heine, Lehman, Markus, & Kitayama, 1999; Kitayama, Markus, Matsumoto, & Norasakkunkit, 1997; Markus & Kitayama, 1991)。教科書の読み物は、これらの結果の2つの解釈を提供する。第一解釈は、参加者が表現した自信が、彼らの自信についての本当の感情を反映していることである。第2の解釈は、2つの文化間のコミュニケーションスタイルの相違のために、回答者はそれぞれの本当の感情に必ずしも対応しない異なるレベルの信頼を表明したことである。つまり、日本の回答者は、自分が本当に感じているよりも低い自信を表明したことである。