しかし、エミリさんは、女性語は、女性を男性よりおとっていると描写していることではなく、女性語が、女性としてのアイデンティティを表す方法...

  •  
  • 69
  • 1
  • 1
  • Japanese 
Nov 22, 2018 23:39
しかし、エミリさんは、女性語は、女性を男性よりおとっていると描写していることではなく、女性語が、女性としてのアイデンティティを表す方法だと言っています。エミリさんは、女性語は力を発揮して、武器として使うことがでると言っています。これは確かにそうだと思います。やはり、優しさや、洗練など、いくつかの女性語で表現された特性は、力を与える特性だと思います。しかし、女性語で表現されたアイデンティティと特性はすべての女性に合っていないと思います。その上、このような女性像が存在しているから、女性がこのよなイメージに合った役割を果たすことが期待されていると思います。ですから、女性は女性語で不確かや受身的なものとして表現されているから、女性が多くの仕事に合っていない考えを表現していると思います。そして、このようにして、男女不平等を作ると思います。
However, in Emiri san’s opinion, rather than portraying women as inferior to men, “women's language” is a way for women to express their identity as women. Emiri san says that "womens language" can empower women and be used as a weapon. I think this is definitely true. After all, there are many characteristics expressed by "womens language", such as kindness, and refinement, that are empowering characteristics. However, I think the identity and characteristics expressed in "womens language" do not suit all women. Moreover, because this kind of image of women exists, women are expected to play a role in society that suits this image. So, because "womens language" expresses passivity and uncertainness, I think it conveys the idea that women are not suited for many jobs, and by doing this it creates gender inequality.