次に、これが男女不平等につながるかどうかについて話をします。

  •  
  • 62
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Nov 22, 2018 01:20
次に、これが男女不平等につながるかどうかについて話をします。

日本で性的差別に関する多くの社会問題があります。例えば、不平等な賃金や、セクハラや、職場で女性の不公平な扱いなどです。女性語は女性を不確かで、受身的なものとしてというステレオタイプを伝えていることが本当でいえば、 性的差別に寄与しているでしょう。

しかし、エミリさんは、女性語は、女性を男性より劣っていると描写していることではなく、女性が、女性としてのアイデンティティを表す方法だと言っています。これは面白い視点(してん)だと思います。エミリさんの意見はこの問題に対する日本人の視点を反映するかもしれないと思います。日本語とは、話し手と聞き手の話題中の人物との社会的関係を表す言語です。ですから、日本人の視点で、 アイデンティティと役割と言語がつながられていることが当たり前でしょう。つまり、女性語は、男女不平等の気配ではなく、お互いを補完する役割の分離の気配という可能性があります。
Next, we will talk about whether this contributes to gender inequality in Japan.

There are many social issues in Japan relating to gender discrimination. These include, unequal pay, sexual harassment and the unfair treatment of women in the workplace. If “women's language” portrays the stereotype that women are passive and uncertain, then it is likely that it contributes to discrimination.

However, in Emiri san’s opinion, rather than portraying women as inferior to men, “women's language” is a way for women to express their identity as women. I think this is an interesting perspective. I think Emiri’s opinion may reflect a Japanese perspective on the issue. Japanese is a language that reflects the social relationship between the speaker and the listener. Therefore, from a Japanese perspective, it is natural that identity, role, and language are linked. That is to say, it is possible that "women's language" is not a sign of gender inequality, but a sign of a separation of roles that complement each other.