投資は開発上国にとって重要ですのに、必ずしもいいことではありません。

  •  
  • 55
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Feb 13, 2019 04:00
投資は開発上国にとって重要ですのに、必ずしもいいことではありません。国の産業が外国投資家によって独占されるようになると、その国に悪影響を与える決定を下すかもしれません。記事によると、生命保険では100%出資での外資参入を2~3社に容認します。これは、日本企業がミャンマーの生命保険市場の大部分を管理することを意味します。しかし、ミャンマーの保険業界は現在のところ非常に小規模であるため、それが開発されたことによるメリットはリスクをはるかに超えていると思います。
However, is Japan’s Myanmar project really beneficial for Mayanmar? Although FDI is important for developing countries, it is not always a good thing. If a countries industry becomes monopolized by foreign investors, they may make decisions that are not in the interest of the country. The article says that for life insurance, two or three companies will accept Foreign capital participation with 100% equity investment. This means Japanese companies will have executive control over a large section of Myanmar’s life insurance market. However, since Myanmar insurance industry is currently so small, I believe the benefits of it being developed far out ways the risks.