受験と実用

  •  
  • 346
  • 2
  • 3
Mar 22, 2010 23:48
 私には日本語能力試験を受ける経験があります。その時、一番役立った本は例年の試験問題集と模擬試験集(模擬テスト)だと思います。問題の形式、よく問題になる言葉、聴解試験によく出た単語に手を入れて試験範囲を重点として復習しました。特に聴解問題で、会話の内容、単語が分からなくても、発言者の口調から正しく問題を推測できる事も時々ありました。そのように能力試験に何とか受かりましたけど、実際に使ったこそから受験ための勉強が今一なものだが分かってきました。日本人の言葉遣いの習慣、日本語のニュアンスなどはテキストにはないものが多いと実感しています。実用時に困らないように言葉をよく使うのは大事だと思います。聴解問題に負けないように一日少なくとも30分ぐらいの日本語会話が絶対に必要だと思います。
 今年、また別途の日本語試験を受けます。一緒に頑張りましょう!