Le Rouge et le Noir in Tokyo?

  •  
  • 180
  • 9
  • 1
  • English 
Oct 31, 2017 23:50
Have you ever read the book, Le Rouge et la Noir by the French novelist Stendhal? The author described what it is to be a human being through class conflict in this book.
The main character named Julian, who was born into a poor family, jockeys for power and money harnessing his beauty and intelligence. That's so scary!
We get to know how things were in France by reading this book.

There is an app called Tokyo Calendar.
We can find out about human beings and class conflict through this app.
Although there is no defined rank in modern Japan, so it's mainly about jobs and love.
Actually, this app is for the promotion of nice restaurants.
However, they publish a lot of short stories there.
In these stories, people mainly jockey for power and money, and a lot of games occur the same as with Julian.
Nice restaurants are featured in the stories.

People do the same things, even though the country and the time is different.
There are even classes in society in the societies of monkeys and ants, so it can be considered as the behavior of creatures.

Are there these kind of apps in English?
They LINE me a lot of short stories and restaurant information everyday.
It would be a good leaning material if there were similar apps in English.







東京の赤と黒?

フランスの小説家スタンダールの赤と黒を読んだことがありますか?
作者は、この本の中で階級闘争を通じて人間とはどういう生き物なのかを描写しています。
主人公はジュリアンという貧しい家庭に生まれた男性で、自身の美貌と知性を活用しながら金と権力の為に色々と画策します。こわいですね~!
本を通じて、その時代を知ることができます。

東京カレンダーというアプリがあります。
このアプリで、階級闘争を通じて人間とは何かを知ることができます。
とは言っても現代日本に階級制度はありませんので、大体仕事とか恋愛についてです。実は、このアプリは良いレストランを紹介するためのものなんです。
しかしながら、沢山の短編小説をそこで掲載しています。
物語の中では、たいていみんな金と権力を画策していて、ジュリアンみたいに沢山の闘争が繰り広げられています。
いいレストランはその物語の中で紹介されています。

国と時代も違うのに、人々は同じことをしています。
猿、蟻の社会にも階級はあるので、動物の習性なんでしょう。

こんなアプリは英語でありませんか?
東京カレンダーは毎日沢山の短編小説とレストランをラインで送ってきます。
英語で似たようなアプリがあれば、勉強の良い材料になりそうです。