Impressionism -2

  •  
  • 148
  • 3
  • 2
  • English 
Oct 13, 2017 11:52
The other day, I've read the novel called 'Painting of Paradise' by the Japanese novelist, Maha Harada.
This is the mystery novel about the masterpiece of Impressionism, 'Dream' by the maestro, Henri Rousseau.

This book was so interesting I read it in one sitting.
I could learn about Henri Rousseau and other painters a lot.

That era was the period of transportation from classic arts to modern arts. In the early days, people used to make fun of Impressionism due to their peculiar, unrealistic expression. Painters suffered from poverty because paintings was hardly sold. However they never stopped painting. They believed in their way, and above all, they loved painting.

I really respect them. I wish I could have strong spirit like them.



印象派-2

先日、日本人小説家原田マハさんの’楽園のカンバス’という小説を読みました。
この本は巨匠アンリルソーの作品’夢’を題材としたミステリーです。

とても面白くて一気に読んでしまいました。
アンリルソーや他の画家について多くを学ぶことができました。

その時代は、古典美術から現代美術への移行期間でした。
黎明期には、人々は印象派の独特で、写実的でない表現を馬鹿にしたものでした。
絵はほとんど売れず、画家達は困窮していました。しかし、それでも書くことをやめませんでした。自らの道を信じてて、何より絵を愛していました。

ほんとうに印象派画家はすごいと思います。こんな強い精神を持てるようになりたいです。