癖について

  •  
  • 246
  • 8
  • 4
  • Japanese 
Aug 25, 2016 07:20
たった今怒っていました。別に重要なことではありませんでした。むしろは些細なことで怒っていたのですが、仕方がりませんでした。私は望んだ結果がだんだん届かない所へ消えていきました。今そんなことを考えると、少し落ち着きました。何かを長い間集中するのはよくないですよね。そうすると、自分の視界が狭くなり、本当の大切なことが見えなくなってしまいます。

私には癖があります。この癖は英語や日本語でハッキリと表現する言葉はありませんが、ノルウェー語なら、「Langsint」という言葉を使うことが多いです。何かに長い間怒っていて、恨みを持つという意味です。私は怒っている時に、必ず「Langsint」になります。この癖を直りたいのですが、言うは易く行うは難しことだと思います。

現在、直そうとしている癖が2つあります。1つは爪を噛むのをやめるということで、もう1つは怒るときに、自分の怒りを低めるということです。長い間何かに怒っているのは体と頭、そして周りに人に良くないのです。自分自身には変わりたいことが沢山ありますが、今はこの2つの癖を直ることに力を入れています。私はほとんど爪を噛むのをやめましたが、まだまだです。怒りを低めるに対しては、努力を出さなければなりません。「Langsint」ということは癖だけではなく、実に私の悪い特性の1つです。

本当は今日、別の話題について書くつもりでした。結果は癖についての投稿になりました。この投稿を書いた後、1つのことを気づきました。私はたいてい些細なことについて書くたびに、投稿は必ず短いものになります。でも、私の思いについて書くときに、長い投稿になります。自分の思いについて書くのは私にとって、簡単なことみたいです。時々些細なことについて投稿するのは確かですが、思いについて書くほうが良い練習になりそうです。