ラノベや小説を書くための練習(その1)

  •  
  • 432
  • 8
  • 2
  • Japanese 
Jun 26, 2017 14:01
ラノベや小説を書くための練習(その1)

茫漠たる砂漠を彷徨う武士がただならぬ気配を感じ、急に剣を翳(かざ)そうとした。すると、砂から鎧を纏ったでかい蠍が唐突に出て襲いかかってきた。
こういう生物をみたことがないこの武士は斬るのを躊躇って、蠍に刺されてショック状態に陥た。
恍惚の表情が顔に出て若き頃を思い出した。
「僕は強くなるんだ!だれよりも!」と少年は死んだ仲間たち(幽霊になった戦友)に言った途端、我に返って、目の前にいるのは得体の知れない化物であるで走馬灯している場合じゃないということに気付いた。
蠍はまた攻撃しようとしたけど、振り翳された剣閃からの光が不思議な力を醸し出して、蠍が一瞬にして真っ二つに斬られて、武士は旅を続けた。
ーーーーーーーーー
どうしても文章力を高めたいので小説に出てくる言葉を少し使ってみたけど間違いだらけかもしれない。
もし変な文法とか不自然な日本語に気付いたら是非指摘と添削してください。
(ラノベや小説風にでお願いします)
よろしくお願いします\(^o^)/
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app