[Diary] Total lunar eclipse

  •  
  • 527
  • 10
  • 1
  • English 
Oct 8, 2014 22:16
Today, we had a total lunar eclipse around 20:00 in Japan. It was able to be observed quite clearly from Tokyo although there were some cloud covered the moon from time to time. The sight in silence of the night made me very calm.

One of the mysterious facts of the moon is that it always keeps the same side facing to the earth while it revolves around us. Therefore the surface pattern on the moon we see remains the same all the time.

People in different countries projected different images to the pattern on the moon all over the world. Our ancestors in Japan projected an image of a rabbit pounding sticky rice into a rice cake to the pattern on the moon.

When I wondered and searched how it was projected in other countries, I found a website with a list of what people in old days saw in the pattern on the moon as follows.

Native Canadian : a girl carrying a bucket
Northern European : an old lady reading a book
Southern European : a crab with big scissors
Eastern European : a profile of a woman
Viking (Northern European) : a man and a woman carrying water
Arabian : a barking lion
German : a man carrying a faggot

Click to see images:
http://www.geocities.jp/planetnekonta2/hanasi/moon/moon.html

Isn't it interesting to see how a single image was perceived differently depending on the cultural back grounds?

What do you see on the moon?
今日の夜8時頃、皆既月食がありました。途中雲に隠れることもありましたが、東京からは結構良く見えました。夜のとばりの中でその光景を見ていると、心を鎮められました。

月の不思議なところは、いつも同じ面を地球に向けて回っていることですね。だから私達の見る月の表面の模様はいつもかわらないわけです。

世界中の様々な国の人がその模様に色々な異なるイメージをあてはめました。我々の祖先の日本人には、月の模様が「餅をつくうさぎ」に見えました。

他の国ではどうだろうと思い調べて見たところ、昔の人達が月の模様にどんなものを当てはめているのかの次の様なリストを載せたサイトがありました。

日本       : 餅をつくウサギ
カナダインディアン: バケツを運ぶ少女
北ヨーロッパ   : 本を読むおばあさん
南ヨーロッパ   : 大きなはさみのカニ
東ヨーロッパ   : 横向きの女性
バイキング(北ヨーロッパ): 水をかつぐ男女
アラビア     : ほえているライオン
ドイツ      : 薪をかつぐ男

クリックして絵を見てね:
http://www.geocities.jp/planetnekonta2/hanasi/moon/moon.html

同じ一つの絵が、文化の違いによって、これだけ色々なものに見えるのは面白いですね。

あなたには何が見えますか?